文化祭でプロジェクターを使うケース

学校の文化祭といえば、中学や高校、大学、様々なところで行われています。中学ではプロジェクターをわざわざリースしてまで使うというケース、そもそもプロジェクターを使うケースというのはありませんが、高校からはこうしたものを応用するケースが出てくるため、そうした時にプロジェクターをリースするという場合が出てきます。

プロジェクターを使うケースとしては、映像を多くの人に見せる場合です。演劇の模様を流したり、遠くにいる人に見てもらうためにモニターとして使ったりすることがあります。特に大学の文化祭ではイベントとして、お笑い芸人やアーティストなどが営業でやってくることがあり、そうなると多くの学生、関係者が集まることになります。すると、後ろの方はなかなか見えにくく、お笑い芸人のネタに対応できないことがあります。その時にプロジェクターがあれば、すぐに認識することができます。

ビンゴ大会などを行う場合にもプロジェクターは必要です。ビンゴのボールを見せたとしても、本当にその番号か近くにいてもよくわかりません。ならば、カメラにその番号を映し、それをプロジェクターを使って流せば本当にその番号であることがわかります。他にも説明に使う場合やカラオケのモニターとして使う場合など用途は様々です。そして、画面を使って何かしらの解説をしていく場合にも使われることがあります。このように、文化祭の場面でもプロジェクターは多くのことに応用できるのです。