はじめてのプロジェクターレンタル 【ルーメン】とは何か

はじめてプロジェクターレンタルという時、やはり戸惑いも多くあるでしょう。 どのようなプロジェクターレンタルをすればいいか、一番大事なポイントは「明るさ」です。 でも、明るさというものの、何千ルーメンという言い方をされて、なかなかイメージが難しいかもしれないですよね。

プロジェクターレンタルの選び方

いろいろプロジェクターレンタルのわからない問題を解決しましょう。まず、私達がプロジェクターレンタルする上で解決しなければならないのは、【ルーメン】です。 ルーメンとはプロジェクターの明るさのことであり、 1ルーメンという単位は、1メートル先のローソクの光を手元で確認することができる明るさを表しています。 2000ルーメンというのなら、1メートル先に2000本のローソクがあるという意味合いなのですね。 みなさんが、3000ルーメンのプロジェクターレンタルを選択すれば、 ローソクの光で1000本分の違いが出てきてしまうことになります。 これって相当の差かもしれないですよね。

部屋の明るさも大事

プロジェクターレンタルをする時、ルーメンを意識することもとても大事なことですが、実際にもっと部屋を暗くすることができれば、実際のルーメンよりも鮮明に見ることができますよ。 プロジェクターレンタルの選択肢において、ルーメンを意識することは大事なのですが、レンタルする上でどのような使用環境なのか、映し出したい大きさ(スクリーンサイズ)も大事な決め手です。

スクリーンの大きさは……?

プロジェクターレンタルする上で、スクリーンの大きさも、なかなかイメージ出来ないで困っているのではないでしょうか。プロジェクターのスクリーンサイズは、一般的には、【インチ】という単位で表現されます。 インチは対角線の長さのことであり、1インチ=25.4mmです。 60インチのプロジェクターレンタルすれば、 対角線が150cm、 100インチのプロジェクターは250cmということになります。 でも、プロジェクターレンタルするとき、対角線というイメージがなかなか出来ないですよね。そこでプロジェクターレンタルする人たちは、インチからスクリーンの横の長さをイメージするといいと思うのです。 そのために、4:3タイプのスクリーンはインチ数の2倍、16:9タイプのプロジェクターの場合 2.2倍というのが、実際に計測してみたスクリーンの横の長さとなっています。 200cmとか、 220cmという横の長さのほうが全然イメージしやすいと思いませんか?