株主総会でプロジェクターを有効活用する場合

株主総会で何が行われるか、株主の経験がある人にはわかりますが、多くの人はこうした経験をした人がおらず、株主総会に参加した人を探す方が難しいのが現状です。株主総会では、業績に関する説明や議案に関する説明を行い、その承認を株主に求めていくという流れになっています。他にも経営陣の人事や株主からの提案なども行われることになります。その際にすべてを口頭でやると、明らかな混乱があるだけでなく、理解度も深まらず、どちらにとっても不毛な時間となってしまいます。そこでプロジェクターの出番です。プロジェクターで業績に関する詳細を説明していくだけでなく、どのような議案が会社から提示されるのか、そうしたことをプロジェクターを用いて紹介していくことで、理解度を深め、双方が納得した形で株主総会を終えることができます。

大規模で株主総会が行われるケースもあるため、そうなるとどのような議題が取り上げられているのか、はたまた誰が発言しているのか、そうしたことを知るにはプロジェクターに映し出してもらう以外には確認しようがありません。最近では、一部企業では株主総会でイベントが行われ、株主総会終了後にアーティストが登場し、ライブを行う光景が見られます。当然ながらそうした場面でプロジェクターは大変重宝します。

図解で説明した方がわかりやすいこともあるなど、いかに納得しやすい形で株主総会を終えるか、企業側は試行錯誤を繰り広げています。